人気記事

HUNTER×AVENGER復讐王ルキウス 製品版レビュー

追放された兄ルキウスの復讐の物語、立ち向かう追手を倒し
目指すは因縁の相手妹のテレジアの元へ。

タイトル:HUNTER×AVENGER 復讐王ルキウス
サークル:NAGINATA SOFT
ジャンル:ロールプレイング
発売日:2022年11月16日
プレイ時間:5時間半ほどでクリア(1個目のエンディング)
注意:体験版から製品版へのセーブデータ移行不可

□関連リンク

・体験版レビュー

先日体験版でご紹介した作品、購入後クリアができたので
その内容についてお伝えします。

どんな強敵も育てたキャラクターを数で押しつぶす
大人数・高速戦闘で爽快感あるRPGを堪能させてもらいました。

妹テレジアの手で命を狙われ続けるルキウス。
魔族の血を持つ彼が女性を従わせ軍団を作り上げる勢力となり、
こちらから攻め入る復讐の物語、この先に待ち受ける物語にも注目です。

〇ゲームの進め方※製品版以降について

・拠点

基本的な操作については体験版レビューに記載していますのでそちらを参照してください。

サバトの家、アルスファルタ軍駐屯地と続きここタリスの街を拠点とし、
妹テレジアのいる王国へと攻め入る準備を行います。

今後も拠点を数カ所移しますが、買い物やクエストなどプレイ中の
大半をこの街で過ごすことになります。

タリスの街でようやく武器防具屋を発見、新しい武具を手に入れることになりますが
初期のラインナップはかなり見劣りするシロモノ・・。

これは過去作ギルド受付嬢フィリスにあったようにその店に投資をすることで
武具のラインナップを1段階良くする必要が出てきます。

酒場では現在の街レベルが確認、先程の武器防具屋に投資することでレベルアップ。
道具屋・鍛冶屋もクエスト達成で街レベルが上がります。

街レベルが上がることで新たな冒険者が街へとやってきます。
ほぼ女性なのでルキウスの魔族の力でエロ~イことして仲間に加えましょう。

道具屋では店の娘から欲しいアイテムを集め納品することで
売られるアイテムが増えます。鍛冶屋も同様です。

店以外にも住人から話を聞くことで依頼を受けることもあります。

クエストを達成するため、パーティを増やして何度もフィールドで戦闘。
モンスターの落とす素材アイテムが欲しいのですがドロップ率が厳しいか・・。

・戦闘準備について

戦闘は完全オートの高速展開。

誰がどんな行動をしたかを確認する間もなくあっという間に戦闘が終わります。

じゃあ装備やスキルを揃えれば後は丸投げでいいや~、と思うところ、
戦闘をよくよく観察しているとおかしな点が見えてきますので修正することも必要です。

今まで数秒で倒した戦闘が別ステージだとやけに時間がかかると何点か感じます。

敵側にダメージ表示される回数が少ないと思えば、攻撃要員のルシウス達が
やたらと傷薬を使い続けたので以降全てのキャラから「傷薬の知識」を外します。
回復要因はサバトと僧侶のクリスに任せます。

今度は回復が少ないなと思えば魔法使いキャラのMPが枯渇、
3WAVEなどの連戦で大量のMPを消費しているのでスキルセットから見直し。

単純な所で言えば瀕死&戦闘不能するのは防御力・魔法防御力不足、
魔法使いキャラを優先に防具を揃え被害を防ぎます。
今作では状態異常対策はほぼせず万能薬で切り抜けましたが、
不安な人は道具屋か対策用アクセサリを購入してみてください。
(最大12人×3000Gの大出費になりますけど)

新キャラ加入でのスキルセットはもちろん、
ある程度レベルが上がったキャラのスキルも必ず見直しましょう。
特に魔法使いキャラは覚えるスキルが豊富、1段階上の魔法に全体効果がある
魔法は重宝します。

・複数部隊戦

ゲームも中盤ようやく12人の仲間が揃いフルメンバーでの戦闘だ!
と意気込むところ、敵の分散して襲ってくることによりこちらも
部隊を分けて戦うことにあります。

初回の2部隊戦では4人パーティを2つ編成します。
いつものパーティ編成画面で1~4人目が1パーティ目、
5~8人目が2パーティ目となります。

ある程度のバランスも考える必要もありますが、
複数部隊戦では登場する敵もかなり弱めでした。
よほど偏った編成をしない限り問題ないと思います。

今後はクエスト戦でも複数部隊戦が登場。
「5WAVE2部隊戦+総力戦」と表示されれば
パーティ1→パーティ2→パーティ1→パーティ2の連続戦闘、
最後に戦闘に不参加だった9~12人目も加えたフルメンバーで
ボスを相手に総力戦で戦うことになります。

仲間になるキャラは13人目、14人目とさらに増えていき
誰をパーティから外すかを選ばなくてはいけません。
自分のプレイでは魔族の力で強化できない男性キャラを戦力外、
攻撃・回復魔法が使える男性キャラだけを残し
攻撃要員のメイナード達を外すことにしました、スマン。

・エンディング

エンディングは2つ、終盤の戦い勝利で選ぶ選択肢によって
ルキウスの目指す結末が変わります。

最終決戦前に分岐前に戻れるようにセーブデータを残しておきましょう。
どちらを選んでも引き続きプレイ可能、まだ仲間に加わっていないキャラや
新たなクエストに挑戦してみてください。

〇Hシーン

2つのエンディング、仲間キャラの段階別Hシーンを見て60シーンを確認。
今後のバージョンアップで追加Hシーンがあるようです。

体験版でも触れたとおり、仲間に勧誘するキャラは魔族ポイントを消費してH、
さらに続けてHを続けると奴隷化Hシーンとなりステータスが上昇します。

仲間に勧誘した時はルキウスに対して嫌悪や憎しみを持っていた相手が、

反発・恭順・奴隷と段階を得て完全に服従した様子が見れるようになります。
仲間になる女性キャラは15人、段階別Hシーンが堪能できるようになっています。

ストーリーを進めると多くの敵女性を倒しその状態で襲うことになります。

〇感想

総勢12人パーティでの大規模戦闘で敵を倒していくゲームを
何作かプレイしてみましたが、その中でも本作が遊びやすい作品かと思います。

人数分の装備やスキルの入れ替えなどの煩雑さは仕方ありませんが、
行き先指示だけで戦闘を眺めるのは楽なゲームでは感じます。

中盤以降になれば5WAVE、7WAVEときつめの連続戦闘ですが
勝利さえすれば相応のお金や経験値が手に入るので、ガンガン強化もできました。

ややもどかしかったのが、クエストを受ける場所やタイミング、
新たな冒険者が登場する場所が分かりづらかったことです。

道具屋の娘や鍛冶屋の主人など複数回依頼を受ける人は
分かりやすいのですが新たにやってくる人からの1回限りの依頼もあったり
見落とす部分が多々ありました。

仲間になるキャラも同じで「こんな所にいる!?」と探し回った後に
意外な場所にいたりなどもしました。見落とした人、自分以外にもいるかと思います。

物語は王国へと復讐に向かうルキウス、追手を差し向け軍勢を遣わすテレジアの争い、
なのですが所々に目立つジャンヌの存在が印象的でした。

初回にやられて再度敗北してルキウスに従い、
当然のように王国軍からは裏切られ者扱いしてルキウス側にもやや白い目で見られるのは
笑ってしまう部分でした。もしかしたらルキウスやサバト以上に物語で
目立ったのではないでしょうか。

少々長くなりましたが、Hシーン多目で遊べるRPGとして楽しめました。
今後のバージョンアップも観てみようと思います。

以上、HUNTER×AVENGER復讐王ルキウス
の製品版レビューになります。

最後までご覧いただきありがとうございます。
下記より購入ができます。

広告