人気記事

Last12~勇者の恥ずかしい育児日記~ 体験版レビュー

2022/06/18/18:16

魔王を討ち果たす勇者の悲願は愛する者の犠牲によって成し遂げられた。
失意の勇者の元に現れたのは彼女の生まれ変わりの姿、
かつての恋人が娘に代わっての子育ての冒険が始まる。

タイトル:Last12~勇者の恥ずかしい育児日記~
サークル:エアリクスG
ジャンル:ロールプレイング
発売日:2022年06月下旬予定
プレイ時間:2時間ほどで体験版クリア
※体験版につき今後仕様変更があるようです。

サークル初のゲーム作品のご紹介です。

おそらく同時発売として、
日本語版R18・全年齢版・中国語(簡体字・繁体字)・
英語版の5作品が予定されています。

購入しようと思った作品が別の言語だったり、
ということの無いようお買い求めください。
当サイトではR18版をご紹介します。

体験版では一部ボイスがありませんが、フルボイスになるようです。

ゲームは日数・時間制限ありの冒険と娘を育成する形で進んでいきます。
育て方が変われば成長後の様子が変わっていくことも?
※追記 画面上部タイマーは撤廃されるようです。

旅の仲間は勇者、シスターのナターシャ、そして勇者の恋人だったアリアが生まれ変わりの
少女の姿での3人の物語が再び始まります。

〇オープニング

勇者と行動を共にするアリアとナターシャ達は
冒険の末、魔王城までたどり着いた。

これまでの戦いの経験に加え、天から見守る
女神たちの祝福により魔王の配下を倒してきた一行、

玉座にて待ち受ける魔王との戦いは熾烈を極め、
持てる力をすべて注ぎ、勇者の剣が魔王を討ち滅ぼす、

これで平和が訪れる。勇者達と女神も安堵する中、
命が尽きる間際の魔王が最期の一撃で勇者の命を道連れにする。

とっさのことに動けなかった勇者を守ったのは幼馴染の恋人アリア、

平和になった世界で結婚をする約束は果たされず、
アリアはこの世を去り、勇者は最愛の彼女を亡くし平和だけを手にした。

時は流れ、魔王のいない世界で大きな混乱もなく平穏に過ごす人々、
世界を救った勇者は愛する人を失い何の幸福も得られず日々を生きていた。

そんな彼の元へ現れたのがかつて加護を与えた女神のグロリアとフレイヤ、
二人は彼に人間の赤ん坊を託す。

その子は幼きアリア、女神の力で生まれ変わり
生を再び手にしたかつての恋人が赤子として彼の元へと委ねられる。

女神の話ではその赤ん坊は特別な力を持ち、
因子(ファクター)を与えれば因子に応じた
身体へと急成長するという。

子育ての経験のない彼はナターシャを頼り、早速因子を与えてみる。

赤ん坊はすぐざま成長し少女の姿へと変わる、
その姿は彼が共に過ごしたかつてのアリアの幼い少女であった。

女神の告げた期限は1年、それまでの間に無事に育てるよう伝え勇者の元を去る。

恋人を失い色褪せた世界が再び色を取り戻す、
彼とアリアとの関係が父と娘として物語は再び紡がれる。

〇ゲームの進め方※体験版仕様

体験版フォルダ内のプレイガイド、
ゲーム中のチュートリアルでも同様に解説がされています。

毎朝のアリアの食事に因子を加え成長を促します。
因子の入手方法は敵を倒すことで入手する胸因子・社交因子などのプラス要素、
貧乳因子などのマイナス要素、
特定の宝箱で手に入る神の因子、イベントアイテムなどです。

成長に影響を与える数値はアイテム欄の成長日誌から確認できます。
胸の数値が大きいと巨乳に、逆だと貧乳のアリアへと成長するのでしょうか?

1日の開始で15分のタイムリミットのカウントがされます。
戦闘やステータス確認、各イベント時を除き
移動中は時間が経過しリミット到達で強制的に1日が終了します。
※追記 画面上部タイマーは撤廃されるようです。

一度1度家に戻ると夜の時間帯へ移行、
夜に再度家に戻ると屋外の探索が終わり翌朝を迎えて
冒険再開となります。
※体験版は4日までの時間帯までプレイ可能です。

家を1歩でも出るとランダムエンカウントにて戦闘発生、
敵遭遇率はかなり高めで高頻度で戦闘が発生します。

魔王と戦った時から戦力は格段に落ち、
勇者一人では少し離れた敵に襲われ戦闘不能になることもあります。
※通常戦での敗北はゲームオーバー

屋外でやるべきことは戦闘での因子入手と各地の
ワープクリスタルの起動、起動後は各地をワープ移動して
移動時間の短縮を行うことができます。

中間地点から見れば東側が勇者の自宅と神殿、西側が魔王城(ご近所かよ)、
北側のアーカル山道は現在通行不可、南側が王都と
ナターシャの自宅があります。

王都で買い物やギルドなどで情報収集、

ナターシャの私物が欲しいという商人と物品交換、
勇者の特権、人の家に上がり込みアイテムを勝手に
持ち出す行動を身内相手に行う勇者の鑑。

主人公⇔アリアと自宅内で視点を切り替えての操作も可能です。

3人パーティを組んで各地の冒険、
戦闘頻度は高め、お金・経験値入手は渋め、
体験版で戦う敵はかなり強いので経験値稼ぎで戦力の強化を図りましょう。

イベント進展で少女姿からやや成長、外見が少しだけ大人になったアリアへと変化します。

体験版範囲内で全てのイベントをこなすとおまけバトルが発生、

完全に格上との敗北必至の女神戦がまっています。
製品版はこれと戦うのでしょうか・・。

〇Hシーン・発生条件

ギルドでイベントアイテムの飲み薬を入手し
アリアが間違って飲んでしまう場面、

寝ている彼女へイタズラをするシーン。

ナターシャ宅で欲求不満の勇者がセクハラをする場面、
旦那がいる相手にも関わらず手を出す屑ムーブ・・、

魔王城では倒した魔王の娘に敵討ちに遭い襲われてしまうことも。

〇感想

ゲーム難易度はやや高め、頻発するエンカウントに
敵わない強敵の登場や制限時間内のプレイと
かなり要求されるハードの高い取っつきづらさのあるゲームだと感じました。

ただそれでも娘のアリアを成長させる要素や
やりがいのありそうな部分もあるので、体験版のプレイで
このゲームの世界観や物語を感じ取ってほしいと思います。

以上、Last12~勇者の恥ずかしい育児日記~の体験版レビューになります。
最後までご覧いただきありがとうございました

下記よりDLができます。

Last12~勇者の恥ずかしい育児日記~

広告