人気記事

ぜんがく!紗奈アペンド レビュー

あの全裸合宿でのもう一つのエピソード、
甘やかしてくれる優しいお姉さんのような彼女と共に望む1週間は
どのようなHな体験をしていたのでしょうか。

タイトル:ぜんがく!紗奈アペンド
サークル:4H
ジャンル:アドベンチャー/デジタルノベル
発売日:2018年05月18日
プレイ時間:約10時間ほどでクリア
ボイス:天峰有栖/暁鞠子 古織紗奈/野上菜月
東条花音/涼貴涼

※ぜんがく!(1)の記事はこちら

※ぜんがく!(2)の記事はこちら

順番が前後していますが、
1作目の全裸登校週間特別対策合宿での
語られなかったエピソードとなります。

もう一人のヒロイン古織紗奈を中心とした合宿の様子を
知ることのできる作品となります。

タイトルに「アペンド」表記はありますが、
1作目のぜんがくがなくても単体起動が可能です。
1作目で本編をプレイ、今作のアペンド版での
追加エピソードを視聴し、本番となるぜんがく(2)の
順番でプレイしてみることをおすすめします。

物語の内容や登場人物は前作にて紹介済ですので、
このアペンドでのみ見れる部分についてお伝えいたします。

〇アペンドの内容について

ニューゲームにて冒頭のプロローグについて
振り返ることができます。

前作プレイ済で物語を覚えているようであれば
一番下の「全編を飛ばして追加イベントから始める」
を選んでください。

追加シーン冒頭は有栖の時にあった衣服を脱がしていくシーン、
服を脱がせる順番でセリフが変わったりなど反応があります。
※最後に首元にリボンを付け直してお着替え完了です。

その後も本編であったいくつもの合宿課題は
ダイジェスト形式で簡単に触れて次のシーンへと進んでいきます。

実は意外に思ったのがクラスメイトの女子、
東条花音との会話のやり取り、H(っぽい?)シーンもいくつかありました。

1作目の時は立ち絵のみ登場でしたが、
このあぺんどでは名前ありボイス付きでのイベントが発生します。

この次回作でも割と出番があるので
サブヒロインの中でもかなりの多めの扱いとなっています。

シナリオは1本道、最後の選択肢でHシーンの分岐、
オマケエピソードを見てゲームは終了となります。

オマケエピソードは2つ、
合宿を終えて東京へ戻ってきたクリスが東条花音と鉢合わせ、
合宿での出会いから好意を持った彼女との秘密の一時を、

もう一つは紗奈の自宅へ行き全裸登校を行う中、
紗奈の弟、聖也とのトラブルが起こる場面となります。

「学校の行事だからって裸になるなんて頭おかしいんじゃねぇ!?」
正論過ぎて何もいえねぇ。

〇Hシーン

1作目が有栖メインのHだったのでこのアペンド版は紗奈が中心、

全裸登校に向けた合宿での露出場面でいくつもの恥ずかしい
行為をしなければならないシーンとなっていました。

有栖達を含めた複数人での課題メニュー、
全員でスクワットや全裸チアガールの応援などなど
悶死してもおかしくないことをしなければなりませんでした。

先ほども触れた東条花音とのイベントシーン、
静止画だと襲っているように見えますが、
二人して隠れている声を出さないようにしている場面ですよ?

全編18シーンのHとなっていました。

〇感想

紗奈との最初の出会いでの印象は
気怠そうなギャルのイメージだった彼女が
会話を交わすうちに本当は違うということを知り
仲を深めていくいい物語でした。

猫かぶりを止めた有栖の執拗な紗奈いじり、
事あるごとに巨乳紗奈に対し「ビッチ」呼ばわりを
繰り返すやり取りが多くありました。
この3作品で一体どれだけいじられたのか?

1作目も今作を合わせて有栖、紗奈の多くの
イベントシーンを見ることができ内容の濃いエロい作品を
プレイさせてもらいました。

そして何より印象的だったのがもうヒロイン的立ち位置と言っていいほどの
東条さんの活躍が目立っていました。

次回作となるぜんがく(2)でも彼女にスポットを
あてたシーンが多くみられました。

ぜんがく(2)の次回作はぜひとも東条さんあぺんどを
お願いいたします。

以上、ぜんがく!紗奈アペンドのレビューとなります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

下記より購入ができます。

広告