人気記事

Legendery Strangers レビュー

異世界に召喚されたからといって
ラノベやマンガのように活躍できるとは限らない。
ここは男女共に襲われるインモラルな世界。

作品名:LeGendery Strangers ~男女主人公つがいじめRPG~
サークル:アンコクマリモカン
ジャンル:ロールプレイング
発売日:2021年01月03日
プレイ時間:約4時間ほどでクリア

シグナルフォースやオウカシリーズを制作された
サークルさんの作品になります。
いつものことですが記事を見るにあたりご注意ください。

注意
※グロ要素あり
※暴力要素あり
※スカトロ要素あり
※男子への凌辱あり
※シーン演出に絞首などの死亡シーンあり

上記の要素を不快に思う方は記事の閲覧、
作品のへのアクセスを控えていただくようお願いいたします。

前回発売された作品はオウカRPG2男尊魔窟編。
去年の1月1日発売の作品なのでちょうど1年ぶりの作品になります。

偶然なのでしょうが、
これで2年続けて年初めの購入作品はアンコクマリモカン作品となりました。
もしかしたら来年1月に買う作品も同じサークルさんになればいいなと思っています。

※オウカRPG2男尊魔窟編の紹介記事はこちら

今回の作品は男女の主人公のエロとグロとなっています。
グロテスク系作品をプレイする時は覚悟をもって
挑んだつもりでしたが、思った以上のシーンとなっていて、
なかなか心臓に悪かったです(笑)。

どんな作品となっているかご紹介いたします。

※1月5日時点記載

紹介している記事は購入直後のバージョンのため、
いくつか不具合が確認できています。
本ゲームをプレイされる際は更新情報を確認し、
最新バージョンでプレイをしてください。

○あらすじ

学園生活を送っているシン(左)とミチル(右)。

幼馴染の二人はいつものように学校から帰る時、
変わったウサギを見かけ、飼い主の元へ送り届けようとする。

しかしそのウサギは異世界の住人であった。
世界の危機を救うためにこちらの世界にやってきて、
勇者を探していた。

二人を見たウサギは彼らこそが勇者だと思い、
異世界へと転送を行う。

シンとミチルが連れてこられた世界の国、
ウササン王国の王女ラビィ姫は
悪いオーク、でなかったワル・イオークに捕まり幽閉されている。

王女を救うため、二人は伝説の武具を集め、
ワル・イオークの城へと向かう。

しかしこの世界のモンスターは若い精気を狙い
男女問わず襲い掛かろうとする。

山賊、街の住人までもが二人を狙おうとする中、
世界を救うことができるだろうか。

シンとミチルの冒険が始まる。

○ゲームシステム

RPGとしてはシンプルな作りとなっています。

「魔物の森」→「魔物の洞窟」→「オークの城」と
3つのダンジョンの最下層まで探索しボスを倒してゲームクリアとなります。

ダンジョンのフロアはどれも3、4面程度なので
複雑な作りにはなっていませんが、
シンボルエンカウントで配置された敵は多目となっているので、
回復アイテムを用意して戦いに挑みましょう。

宝箱の中には防具となる衣装が入手でき、
男女共用の装備品となっています。

装備することによりステータスアップと外見の変化、

この他、イベント時にある衣装を着ていると特別なHシーンを
見ることができます。

一度入手した防具はウササン王国で購入することができます。

○バトルについて

通常の敵は敵アイコンに接触、
依頼やボス戦のイベント戦などで戦闘画面へと移ります。

シンは剣を使っての物理攻撃、
スキルでは複数回攻撃や魔法属性付攻撃を行い、
ミチルは回復魔法、3種の魔法属性の単体・全体攻撃が
使えるようになります。

敵がダメージを受けた際、「Weekness!」「Resist!」と
表示されダメージ量が変わってきますので敵毎の弱点を見つけてみましょう。

・バトルファック

オープニングで説明がある装備品「ケンゼンナリング」を
外すことによって二人のアニメーションHが発生します。

HPが半分以下になるとアーマーブレイク状態となり、
防具が外れてしまいます。

この全裸状態だと敵はセクシャルアタック行い拘束状態となります。
拘束状態では行動がとれないので、
もう一方の相手のスキル「救助」で拘束状態を戻すことができます。

戦闘終了後は装備欄から防具を装備すること、
HP回復を忘れずに行いましょう。

・ゲームクリア後のオマケ

一度ゲームをクリアすれば闘技場でカスタム戦闘を行うことができます。
これにより好きなバトルファックシーンをみることができますので、
色々試してみましょう。

○街の散策・依頼システムについて

街では買い物やお金稼ぎのクエストのほか、
ここで発生するHイベントを見ることができます。

※注意※

こんなん絶対罠だろ・・

受けるクエストによってはHイベント後のゲームオーバーで
タイトル画面へと戻ってしまう場合があります。

どのクエストを受ける前も事前セーブを行いましょう。

また、ゲームオーバー・クリア後にセーブ画面に移りますが、
この時保存したデータはプレイできませんので今プレイ中のデータに
上書き保存するようなことはしないでください。
(1回やってしまってしまった・・)

※※

○Hシーン ※全開放あり

主にボス戦・イベント戦の敗北H、

街で起こるHイベント、
依頼で起きるHシーンなどがありました。

イベント時にはシンの着ている衣装、色欲の数値によって
変化する場合があります。

見ていないHシーンはゲームクリアでの解放、
またはゲーム購入時についてくるセーブデータから全シーンを見ることができます。

○感想

この世界の男共とモンスターは
男女問わず襲い掛かってくるのか、恐れ入った。

ゲームクリア後の感想としては
「グロかった、本当にグロかった。」と口に出てしまう程の内容でした。

自分にとって衝撃的なのはシンとミチルの処刑シーンがあったことです。
エロ要素なく殺されるシーンを作った作品は他サークルさんにあったでしょうか?

見ていて肝が冷えるインパクトがありました。

あとは疑問点なのですが、
女の子ミチルに対しての描写が少ない・省略されているような気がしました。

Hシーンの内容としては敗北Hなどで、
シン・ミチル二人同時に凌辱されているシーン、
ダンジョン探索中にシンがHなことに巻き込まれるシーンなど多くありましたが、

ミチル単独のシーンがあったのかな?と思いました。

ゲーム中はシン主観で進むのでシンが襲われたり衣装を着てのHイベントが
ありましたが、ミチルでの衣装イベントはなく、
シンとセットでの凌辱シーンしかないような気がします。

「つがいじめ」とあるように男女合わせてのHシーンがあるなら、
シン単独シーン、ミチル単独シーンも同様にあってもいいのではないかと思います。

ゲームに関してはオークを倒しにダンジョンへ向かうメインクエスト、
街を探索して依頼を受けるサブクエストと自由度はありますが、
もう少しプレイのしやすさやアナウンスが欲しかったところです。

依頼を受けて内容次第ではゲームオーバーになってしまうなど、
ゲームが終わってしまう場合は、「予め別データにセーブを保存してください」のメッセージがあってもいいと思います。

ゲームオーバー後、ふいに出てきたセーブ保存画面で
上書き保存をしてしまい、そのデータをプレイできなくなって
遡ってプレイすることもありました。

こういうのをプレイヤー側で注意するだけでなく、
製作側で簡単に再スタートができるようにしてもらいたいと要望します。
(ゲームオーバー、でもスタート地点に戻ります、
 ならプレイしやすいのですがダメですかね?)

サークルアンコクマリモカンには他にない
エロさあるイラストとなっていますので、
ゲーム面においてももう一つ、一手間欲しかったなと思いました。

以上、Legendery Strangersのレビューとなります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

下記より購入ができます。

広告