人気記事

メルト オブ コーデリア ~旋律を無くした錬金術士~ レビュー

錬金術の力を奪われた少女が旅のに出る冒険、
その旅ではハードなエロハプニングが待ち構えていた!?

タイトル:メルト オブ コーデリア ~旋律を無くした錬金術士~
サークル:MAPLE CLOVER
ジャンル:ロールプレイング
発売日:2020年07月02日
プレイ時間:10時間ほどでクリア

○あらすじ・登場人物

アルナはメルトの集落に住む有名な錬金術師であった。
彼女の錬金術は旋律を奏で、人々の壊れた道具を治し、
各地から大勢の人が訪れる日々が続いていた。

ある日アルナはいつものように森で素材を採取していた時、
モンスターが凶暴化したことに気づいた。

この事を村へ知らせようとしたとき、
アルナの旋律の力を狙う何者かに襲われ力を失ってしまった。

それ以降アルナは人々の願いを叶えることはできず、
期待の声は落胆へと変わっていった。

失意の中のアルナの元へ訪れたのは、
トレジャーハンターのイブ。

イブにはどうしてもアルナに頼みたいことがあり、
旋律の力を失った彼女に協力して力を取り戻す旅へ
同行することとなった。

アルナもイブの熱意を受け取り、
もう一度旋律の錬金術師となるべく
手がかりを求めて旅に出ることになった。

この物語はアルナがかつての力を取り戻し、
イブが叶えてほしい願いを追い求める旅、

そして、アルナの力を奪った者が
大きく動き始めようとする物語である。

○錬金術・武具の強化

物語にあるようにアルナの錬金術師として力は失われており、
わずかな回復アイテムしか作れないようになっています。

錬成は自宅や各町のアジト、ダンジョンの中央のセーブ地点で
作成可能になります。

錬成に必要な素材はダンジョン内の光っているアイコンの、
草・水面、鉱石などから素材アイテムが手に入ります。

素材は一度採取すると、ダンジョンを出ないと復活しないので、
大量に欲しい場合は何度もダンジョンを出入りして採取を繰り返しましょう。

この錬成で回復アイテムを揃えることがこのゲームで
非常に大切な要素
となりますので、採取と錬成を欠かさず行いましょう。

ゲームが進むとイブが装備品の強化を行ってくれます(有料)。

その町で購入できる武具を強化でき、
元の武器と武具の素材アイテム(+他の武具アイテムも必要な場合あり)で
通常の武器よりパワーアップした武具を手に入れることができます。

ゲーム中は武器の値段や複数回行う強化にお金がかかりますので、
後のクエストでお金を入手する必要があります。後述。

○ダンジョン探索・戦闘・ボス戦

ダンジョンは全て3×3エリアの探索がしやすいマップとなっています。
各ダンジョンには必ずボス戦と、後に受けるクエスト戦が
ありますので、錬成した回復アイテムは常備しておきましょう。

戦闘では最初はアルナ一人、最後は4人メンバーで戦うことになります。

通常の敵もやや強めになっており、
ボス戦やクエストのイベント戦闘はかなりの長期戦となります。

ほぼ多くの敵が攻撃力防御力などのバフ・デバフ、
毒や暗闇などの状態異常、一部敵は即死攻撃を使ってきますので、
それらに対応した回復アイテムが必要となります。

味方キャラは終盤でも3桁HP、2桁MPまでしか成長しません。
HPとMP回復手段が尽きると詰み状態となりますので、
ポーションとエーテルは必ず用意してください。

ボス戦で敗北した場合、救済措置として自宅前の天使に
助けてもらうことができます(5回限定)。

救済措置ではレベルアップアイテムや強力な回復アイテムを支給して
もらえますので、これでボス戦に挑みましょう。

○クエスト

ゲームの進行によって、町の人々から依頼を受けることがあります。
内容は素材アイテムが欲しい、ダンジョンに現れた強敵を倒してほしい、などがあります。

このクエストでの戦闘はボス戦並みの強さがありますので、
準備をしてから戦闘に挑んでください。

報酬はお金やアイテム、スキルなど。
特にスキルはレベルアップでは覚えず、
ここでしか習得できない有用スキルなので、
必ずクエストは受けるようにしましょう。

○Hシーン

ゲーム開始のプロローグからいきなりのオナニーシーン。

それ以降もアルナ、イブを中心にボス戦やクエスト完了後に
彼女達のスイッチが入ったかのような痴女のような
エロエロシーンとなっていました。

拠点では今まで見たHシーンの回想できるようになっています。
シーン数は全部16、クリア後の全開放はありませんが、
全てのクエストを進めていれば見落としはないかと思います。

○感想

ストーリーは旋律を無くしたアルナが冒険をしていくうちに、
遭遇する謎が徐々に明らかとなって大きくなる事件を解決していく、
この展開が綺麗にまとめられた作品となっていました。

Hシーンはその物語のレールから大きく外れて
突然アヘ顔をさらす事態になって別ゲームのような
ギャグ路線に切り替わる脱線したのでは?という内容でした。

リュートいわく、「変態ばっかり」に思わず笑ってしまいました。

RPGのシステム部分としては不満というより、
厳しめに作られていたのが苦労しました。

このゲームで一番つらかったのが「金欠」に悩むところでした。

ざっくり列挙すると下記のようになります。

敵を倒してもお金が手に入らない
装備を購入する・強化する回数が多く出費が多い
収入源がクエストのみで、達成すると他にお金を得る方法がない
錬金術なのに錬成アイテム・素材の売却額が安い

この金欠が解決されるのはラストダンジョン手前になってからで、
それより以前の序盤~中盤までは武器や防具を1個買ったら
他のメンバーの購入は諦めないといけないのは辛いものがありました。

結局は強化前の装備品で挑んでやや苦戦しながらのボス戦勝利と
なったので、ここを時間をかけて装備品を新調する選択肢が
無かったのは自由度が狭いのではと感じてしまいました。

ゲームとしては錬金術を取り扱う作品だけど、
限られたお金をどう使うかという経営ゲームのような
問題を抱えるのはちょっとした違和感を感じてしまいました。

物語もよくできていて可愛いキャラデザインだったので、
遊びやすさについてももうひとつ欲しいと思ってしまいました。

以上、メルト オブ コーデリア ~旋律を無くした錬金術士~のレビューとなります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

下記より購入ができます。

広告