甲賀異聞陰陽帖-ママは殺しがお好き-体験版レビュー[発売中]

2020/05/29/18:05

女が色仕掛けで男を誘い、ショタが女性を陥れる
怪しい世界を舞台にした戦いをご紹介します。

タイトル:甲賀異聞陰陽帖-ママは殺しがお好き-
サークル:ダイニホケンセツ
ジャンル:ロールプレイング
発売日:2020年05月29日予定
プレイ時間:2時間半で体験版クリア

以前購入した作品、
ぼくは人妻ンションの管理人を制作された
サークルさんの作品になります。

前作も今作もRPGとしての
ストーリーからマップの作り込み、
もちろんHシーンの人数、シーン数の多さと
力のこもった作品となっていました。

今回の新作の舞台は近未来の忍者が登場する作品になります。

○あらすじ

23XX年の世界は核戦争で荒廃し、復旧を遂げる最中であった。

核戦争後にミュータントが現れ、後にカークと呼ばれる
モンスターが出没し人間を襲い、
人間達はカークに対抗しながらも生活する範囲が限られていった。

荒れ果てた世界の中、かつて日本と呼ばれた国では
古くから暗躍していた忍びの組織、「甲賀衆」「伊賀衆」の
争いが起こるようになった。

物語は甲賀衆上忍のアヤハ、その息子のエイム、
二人が忍びとしての役目を果たすところから始まる。

母子の行く先には怨敵、伊賀衆との争いが待ち構える。

○ゲームシステム

体験版だけでもかなりのボリューム量だったので
かなり内容を省略して紹介します(載せきれない・・)。

ゲームの進め方としてはアヤハとエイムの二人が
表の顔のパパラッチ・傭兵として活動する場面、
裏の顔の忍者として活躍する場面に分かれます。

・パパラッチ

アヤハの表の顔はパパラッチ(本人はジャーナリストのつもり)。

夜間に活動してゴシップネタから真相に迫り
スクープ写真を撮影する仕事になります。

・傭兵

エイムは学生でもあり傭兵登録所での活動をしています。

受ける依頼内容はヒロシマを出た外の世界の
モンスター(カーク)を倒し報告をすることで報酬を得ます。

・忍者

こちらが二人の本業、ゲームのメインクエストに当たります。

依頼を受ければ任務先に訪れて各地での情報収集、

潜入しての手がかりの入手、

神氣術、房中術を使った篭絡と様々な手段を使い
目的を果たします。

時にはピッキング、入手した情報から暗証番号を入力をします。

※ヒントはそれぞれ最後の番号は9、誕生日の23、
 サンドイッチ、つまり23をはさみこむ?

任務中は敵対する伊賀衆との戦いになり、
敗北するとHシーンが発生します(即リプレイ可)。

○Hシーン

ゲーム紹介文に敗北エロ・寝取られ・凌辱・妊娠・出産・堕胎等の
要素あるためご注意ください、とある通りどれもハードな内容になっていました。

母子の近親相姦や篭絡H、

パパラッチで得た性行為、敗北Hなど
同人ゲームでも多くないシチュエーションのインモラルな内容、
登場人物も多くシーン数も製品版では160を超える内容になっています。

○感想

アヤハ、エイムの2人視点で進めるRPGが興味深く思いました。

母親側で進むHシーン、息子視点でのHシーンなど多く見れそうな
ゲームとなっていました。

物語は近未来の世界観に忍者・陰陽師などの設定があったりと
かなり練られたものになっていて、
複雑な展開がある見ごたえある作品になるかと思います。

おそらくは結構な長編RPGでしょうか。

少し疑問だったのが、前作ぼくは人妻ンションの管理人に
あった難易度が選べる簡単なモードと、回想全開放のセーブデータがあればすぐにHシーンが見れると思うのですが、実装はあるのでしょうか。

できればHシーンを先に見たい人もいるので(主に自分)、
特典があればいいと思いました。

発売日までもうすぐの予告作品となります。

以上、甲賀異聞陰陽帖-ママは殺しがお好き-の
体験版レビューとなります。

最後までご覧いただきありがとうございました。
下記より購入ができます。

ダイニホケンシツの過去作品はこちら

広告