人気記事

おねショタドラゴン 体験版レビュー[発売中]

2020/05/17/19:52

おねショタ!男の娘!ケモ耳!ふたなり!
ラブラブH!複数プレイ!
エロ要素満載の作品を紹介します。

タイトル:おねショタドラゴン 巨乳のお姉さんだらけの世界
サークル:吉井テック社
ジャンル:アクション(シューティング)
発売日:2020年05月16日
プレイ時間:40分程度で体験版終了

前回、淫乱勇者の体験版で紹介したことのある
吉井テック社3作品目のゲームになります。

デレステのCG作品を制作しているサークルさんの
イメージがあるのですが、ゲーム制作へ移っていくのでしょうか?
エロさはそのまま同人ゲームとして楽しめる作品を紹介します。

○あらすじ

瓜二つの容姿を持つ双子、
姉のクロア(左)と弟のクロン(右)。

二人は愛し合う仲で日々を過ごしていた。

ある日、クロアが食材を獲りに出かけたまま家に戻らなかった。

帰りが遅くなったを気にするクロンは姉を探しに出たところ、
洞窟に迷い込み気を失ってしまう。

目を覚ましたところ、
モンスター娘を名乗るラビィに助けられ、
ここが『モンスターワールド』だと教えてもらう。

この場所に姉の荷物があったことから、
クロンは姉を探しにモンスターワールドを探索する。

この時クロンはまだ知らなかった。
ここでは男は自分しかおらず周りは全てモンスター娘であること、
彼女達に捕まれば男にしかないはずの「モノ」で襲われてしまうことなど。

○探索システム

前作の淫乱勇者と違い、
ダンジョン内の探索では攻撃コマンドは使えませんので、
敵アイコンには接触しないように進む必要があります。
(一部動かないキャラアイコンは会話可能?)

接触するとHなCG発生、OR値の上昇、100まで
溜まると射精してHP減少、HP0でゲームオーバー画面で
リトライとなります。

交尾部屋に入るかの確認メッセージが出るので、
ここに入ると脱出不可能のHな敗北シーンとなります。

探索を進めると魔法を入手でき、装備して
攻撃コマンドを押しっぱなしで魔法を打つことができます。

次の魔法バトルでも使用しますが、一部の探索場所でも
魔法が使えます。

使用時にはショット攻撃と方向固定を押しながら、
移動して魔法を使うことになります。

コントローラー操作の場合はキーコンフィグで
変更可能なので、使いやすいように変えていくのがいいかと思います。

○魔法バトル

本作はRPGとしての戦闘ではなく、
東方作品に近いシューティングゲームとなります。

相手のショット攻撃を受けるとHPダメージを受けるので、
避けながらこちらのショット攻撃で敵を倒すことになります。

体験版では1回の魔法バトルのみ、東方に触れたことのある人なら
問題なくクリアできるかと思います。

○Hシーン

ほぼ男の娘のクロンが襲われるシーンでした。

探索中にHPが0になればその場所がラビット族、キャット族に
よって相手の変わる複数プレイ。

魔法バトルに負ければ相手との敗北H、

魔法バトル勝利は相手とモンスター娘達とのプレイとなっていました。

○感想

万年Easyシューターの自分としては1回の戦闘で
ぜぇぜぇ言いながらのクリアとなりました。

東方以外でシューティングをするとは思わず苦戦となりました。

世界観としては何となくけも○フレンズに近い舞台で、
ヒトでないモンスター娘との交流を続ける作品のような感じでした。

エロさに関しては言うまでもなく、
フルカラーCG作品の時からの満足いく内容となっていました。

ふたなり、男の娘といったノーマルなエロからは
離れた作品ですが、イラストから気に入った人には
おすすめできる作品となっていました。

以上、おねショタドラゴン 巨乳のお姉さんだらけの世界の
体験版レビューとなります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

下記より購入ができます。

吉井テック社の過去作品はこちら

広告